メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  解説 »  敗血症の新定義「大変理にかなった判断」

敗血症の新定義「大変理にかなった判断」

日本版GL作成委員長・西田修氏

 2016年03月08日 13:30
プッシュ通知を受取る

 敗血症および敗血症性ショックの新定義「敗血症および敗血症性ショックの国際コンセンサス定義第3版(Sepsis-3)」の「定義と診断」(JAMA 2016; 315: 801-810関連記事)は,改訂中の「日本版敗血症診療ガイドライン2016」にも導入される。同ガイドライン(GL)作成特別委員会(日本集中治療医学会・日本救急医学会合同委員会)委員長の西田修氏(藤田保健衛生大学麻酔・侵襲制御医学講座主任教授)は,集中治療を行うべき対象が絞り込まれたSepsis-3の敗血症定義について「大変理にかなった判断」と評価した。同氏は小社の取材に対し,次のようにコメントを寄せた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

初めての街で初めての訪問先。頼りにするのは?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  解説 »  敗血症の新定義「大変理にかなった判断」

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10500420 有効期限:10月末まで