メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2016年 »  解説 »  敗血症の新定義「大変理にかなった判断」

敗血症の新定義「大変理にかなった判断」

日本版GL作成委員長・西田修氏

 2016年03月08日 13:30
プッシュ通知を受取る

 敗血症および敗血症性ショックの新定義「敗血症および敗血症性ショックの国際コンセンサス定義第3版(Sepsis-3)」の「定義と診断」(JAMA 2016; 315: 801-810関連記事)は,改訂中の「日本版敗血症診療ガイドライン2016」にも導入される。同ガイドライン(GL)作成特別委員会(日本集中治療医学会・日本救急医学会合同委員会)委員長の西田修氏(藤田保健衛生大学麻酔・侵襲制御医学講座主任教授)は,集中治療を行うべき対象が絞り込まれたSepsis-3の敗血症定義について「大変理にかなった判断」と評価した。同氏は小社の取材に対し,次のようにコメントを寄せた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

いつも忙しい先生にとっての 「プチ贅沢」を教えてください。

ホーム »  ニュース »  2016年 »  解説 »  敗血症の新定義「大変理にかなった判断」

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブのご利用は無料です

医師会員限定!
下記登録リンクよりご登録いただくと
Amazonギフト券等に交換可能な
1,000ポイントをもれなく進呈!
※有効期限:11月末まで
※過去に利用された方は対象外