メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2016年 »  学会レポート »  議論の加速にネガティブデータ公表も必要

議論の加速にネガティブデータ公表も必要

敗血症性DICにおける薬物療法

 2016年03月09日 07:15

 敗血症性播種性血管内凝固症候群(DIC)に対するアンチトロンビン(AT)Ⅲ製剤およびリコンビナント・トロンボモデュリンα(rhTM)製剤のエビデンスは必ずしも明確でなく,有効性をめぐる議論が続いている。日本医科大学多摩永山病院救命救急センター病院講師の田上隆氏は,全国1,000施設超が登録されている診断群分類(DPC)データを傾向スコア法および操作変数法により解析した結果,腹膜炎合併により手術を施行した敗血症性DIC例では,意外にもrhTM製剤による有意な予後改善は得られなかった。同氏は,敗血症性DICに対する薬物療法の議論を加速させるにはネガティブデータの公表も必要である,と第43回日本集中治療医学会(2月11~14日,会長=徳島大学大学院救急集中治療医学教授・西村匡司氏)のシンポジウム「敗血症性DICにおける抗凝固療法の位置付け」で指摘した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  ニュース »  2016年 »  学会レポート »  議論の加速にネガティブデータ公表も必要

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10500371 有効期限:10月末まで