メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  下限値も考慮した尿酸コントロールが大切

下限値も考慮した尿酸コントロールが大切

尿酸値と心血管イベント発生率にJカーブ現象

2016年03月09日 07:05

3名の医師が参考になったと回答 

 血清尿酸値の管理は"いかに下げるか"に主眼が置かれることが多いが,低ければ低いほど良いというわけではなさそうだ。鳥取大学病態情報内科学の杉原志伸氏は,尿酸値と心血管イベント発生率にはJカーブ現象が認められ,上限値だけでなく下限値も設定してコントロールする必要があることを,第49回日本痛風・核酸代謝学会総会(2月18〜19日,会長=国立循環器病研究センター分子生物学部部長・森崎隆幸氏)で指摘した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

次の東京都知事、誰に投票する?(全員が東京都民と仮定して)

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  下限値も考慮した尿酸コントロールが大切