メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  2016年 »  学会レポート »  下限値も考慮した尿酸コントロールが大切

下限値も考慮した尿酸コントロールが大切

尿酸値と心血管イベント発生率にJカーブ現象

 2016年03月09日 07:05
プッシュ通知を受取る

 血清尿酸値の管理は"いかに下げるか"に主眼が置かれることが多いが,低ければ低いほど良いというわけではなさそうだ。鳥取大学病態情報内科学の杉原志伸氏は,尿酸値と心血管イベント発生率にはJカーブ現象が認められ,上限値だけでなく下限値も設定してコントロールする必要があることを,第49回日本痛風・核酸代謝学会総会(2月18〜19日,会長=国立循環器病研究センター分子生物学部部長・森崎隆幸氏)で指摘した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報

ワンクリックアンケート

糞便移植、どう思われますか?

ホーム »  ニュース »  2016年 »  学会レポート »  下限値も考慮した尿酸コントロールが大切

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P02500384 有効期限:2月末まで