メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  たこつぼ登録の一部は幸せな出来事で発症

たこつぼ登録の一部は幸せな出来事で発症

 2016年03月09日 07:20
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 (c)Thinkstock/Getty Images

 胸痛や心電図変化と同時に,画像上で左室の収縮低下と心基部の過収縮を示す様子がたこつぼに似ていることから名付けられた「たこつぼ型心筋症」。日本で1990年代に初めて報告され,世界的にも"takotsubo cardiomyopathy"と呼ばれる。また,悲嘆や怒り,恐怖といったネガティブストレスに続き起こることが多いと考えられており"broken heart syndrome"との別名もあるようだ。スイス・University Hospital ZurichのJelena R. Ghadri氏らは,2011年から開始された"国際たこつぼ登録"の検討から,ごく一部の患者における発症の引き金は幸せに「胸躍る」イベントであったことを報告した(Eur Heart J 2016年3月2日オンライン版)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生にとって梅雨時に困ることは?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  たこつぼ登録の一部は幸せな出来事で発症

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P06500421 有効期限:6月末まで