メニューを開く 検索 ログイン

胃がんABC検診,課題の「偽A群」特定には?

2016年03月10日 07:10

 近年,Helicobacter pyloriHp)血清抗体検査とペプシノゲン(PG)法を組み合わせて胃がんリスクを判定するABC分類(表1)の導入が増加しているが,偽A群(両検査陰性であるA群に混入するHp既・現感染例)の特定とその対策が課題とされている。日本総合健診医学会第44回大会(1月29〜30日,大会長=聖路加国際大学/聖路加国際病院クリニック・予防医療センター長・増田勝紀氏)では,偽A群の特定に関する取り組みが報告された。

表1. ABC分類

表

(編集部作成)

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  胃がんABC検診,課題の「偽A群」特定には?