メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  脳BDNF遺伝子発現が認知機能低下と関係

脳BDNF遺伝子発現が認知機能低下と関係

 2016年03月11日 07:25
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 (c)Thinkstock/Getty Images

 脳由来神経栄養因子(BDNF)の遺伝子高発現が認知機能低下の遅延と関係し,アルツハイマー病(AD)による認知機能低下への影響を軽減する可能性があることを示唆する剖検研究の結果が,米・Rush UniversityのグループによりNeurology(2016;86:735-741)に発表された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報

ワンクリックアンケート

WHOが「ゲーム依存」をICD-11で採用の見通し。先生のゲーム依存度は?

ホーム »  ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  脳BDNF遺伝子発現が認知機能低下と関係

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P02500403 有効期限:2月末まで