メニューを開く 検索を開く ログイン

僧帽弁手術におけるアプローチ法に優劣なし

第46回日本心臓血管外科学会

 2016年03月11日 07:05
プッシュ通知を受取る

赤須氏 久留米大学外科学講座心臓血管外科部門医局長の赤須晃治氏は,初回僧帽弁手術を施行した75例を対象に,右側左房切開法と経心房中隔到達法の術後因子を比較した結果を第46回日本心臓血管外科学会学術総会(2月15~17日,会長=名古屋大学血管外科学分野教授・古森公浩氏)で発表した。両アプローチ法に臨床的優劣は認められなかったことを明らかにした。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  僧帽弁手術におけるアプローチ法に優劣なし