メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  透析患者では低尿酸値ほど高死亡率

透析患者では低尿酸値ほど高死亡率

血液透析患者22万例超の大規模観察研究から

 2016年03月14日 07:00
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 慢性腎臓病(CKD)ステージ G3〜4では,血清尿酸値の上昇は全死亡や心血管死の独立した危険因子であるとされている。しかし,ステージG5や腎代替療法患者では,その関連性に一定の見解が得られていない。東京慈恵会医科大学腎臓・高血圧内科の菅野直希氏らは,維持血液透析患者22万例超を対象とした大規模コホート研究を行い,血清尿酸値が低いほど全死亡および心血管死のリスクが高くなるという結果を得,第49回日本痛風・核酸代謝学会学術集会(2月18〜19日,会長=国立循環器病研究センター研究所分子生物学部長・森崎隆幸氏)で発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

湿布薬や花粉症薬の保険外しを検討

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  透析患者では低尿酸値ほど高死亡率

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P08500427 有効期限:8月末まで