メニューを開く 検索を開く ログイン

アスピリンで消化管がんリスクが低下

 2016年03月14日 11:00
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 (c)Thinkstock/Getty Images

 米・Massachusetts General HospitalのAndrew T. Chan氏らは,アスピリンの定期使用とがんリスク低下の関連について検討するために,医療従事者を対象とした米国の大規模前向きコホート研究2件における約13万6,000人を追跡した。その結果,全がんで見た場合のリスク低下は,有意であるものの非常に小さかったが,消化管がん,特に大腸がんリスクの低下に関しては強い関連が認められた。詳細はJAMA Oncol2016年3月3日オンライン版)で報告された。

…続きを読むには、ログインしてください

ワンクリックアンケート

分科会でロックダウンの法整備求める意見

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  薬剤情報 »  アスピリンで消化管がんリスクが低下