メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

急性腹症診療GLの認知率は低い

 2016年03月14日 10:00
プッシュ通知を受取る

 2015年3月に急性腹症診療ガイドライン2015(以下GL)が発刊され実臨床への普及が始まった。有意義なGLとするにはこれを広く周知させる必要があるが,その実態は十分に把握されていない。香川県厚生農業協同組合連合会屋島総合病院外科の村岡孝幸氏は同院の常勤医師を対象にアンケートを行い,GLを認知していた医師が13%にとどまったことを報告。「周知に向けて学会からの啓発活動を推進してほしい」と第52回日本腹部救急医学会総会(3月3 ~4日,会長=日本医科大学消化器外科主任教授・内田英二氏)のワークショップ「急性腹症ガイドラインの検証」で提案した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  急性腹症診療GLの認知率は低い

error in template: found but mtif was expected