メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  ストーマサイトマーキングの実施率が上昇

ストーマサイトマーキングの実施率が上昇

保険収載前後の実態調査

 2016年03月15日 07:15
プッシュ通知を受取る

板橋氏 2012年の診療報酬改定により,人工肛門・人工膀胱(ストーマ)造設術前処置加算が保険収載された。これに伴い,ストーマサイトマーキングに関する需要の高まっている。そこで,日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会のプロジェクト企画委員会では,保険収載前後での臨床現場の変化を調査した。東京女子医科大学第二外科准教授の板橋道朗氏は,第33回同学会総会(2月19~20日,会長=山梨大学大学院総合研究部成育看護学講座教授・石川眞里子氏)でその結果を報告し,マーキング実施率が上昇していると推測されると述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

カジノは日本を元気にする?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  ストーマサイトマーキングの実施率が上昇

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P07500433 有効期限:7月末まで