メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  異物誤飲は積極的な検査で速やかに摘除

異物誤飲は積極的な検査で速やかに摘除

 2016年03月15日 07:10
プッシュ通知を受取る

 乳幼児の異物誤飲は日常臨床で遭遇する頻度の高い救急医療だが,中でも重症化しやすいボタン電池と気付きにくい陳旧性異物について慶應義塾大学小児外科専任講師で東京都立小児総合医療センター外科の下島直樹氏が第52回日本腹部救急医学会総会(3月3 ~4日,会長=日本医科大学消化器外科主任教授・内田英二氏)のミニレクチャーで報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

オリンピックまで2年、炎暑の東京でマラソン―

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  異物誤飲は積極的な検査で速やかに摘除

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P07500464 有効期限:7月末まで