メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

ヒトiPS細胞による角膜上皮の再生医療,一歩前進

前駆細胞の作製に成功

 2016年03月16日 07:20
プッシュ通知を受取る

 角膜移植ではドナー不足や免疫拒絶反応が懸念されることから,患者自身の角膜上皮の前駆細胞を用いた再生医療によるアプローチが期待されているが,これまで角膜上皮細胞の分化誘導法および単離法は確立されていなかった。大阪大学大学院幹細胞応用医学寄附講座准教授の林竜平氏らは臨床応用を想定したプロトコルを用い,ヒト人工多能性幹(iPS)細胞から角膜上皮前駆細胞への誘導と単離に成功したことを角膜カンファランス2016(第40回日本角膜学会総会/第32回日本角膜移植学会,2月18~20日,会長=北里大学眼科教授・清水公也氏)で報告した。この研究の詳細はNature(2016年3月9日オンライン版)に掲載された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  ヒトiPS細胞による角膜上皮の再生医療,一歩前進

error in template: found but mtif was expected