メニューを開く 検索を開く ログイン

【重要なお知らせ】メンテナンス完了に伴い、セキュリティ向上のため、会員の皆さまには再度ログインをお願いしております。パスワード再発行はこちら

TKA術後鎮痛,高AAPはNSAIDsと同等

第46回日本人工関節学会

 2016年03月17日 10:40
プッシュ通知を受取る

岩本圭史氏  2011年,アセトアミノフェン(AAP)の承認上限用量が1,500mg/日から4,000mg/日に増え,変形性関節症(OA)への効能追加が承認された。しかし,高用量AAPの単剤投与による人工膝関節置換(TKA)術後疼痛管理の成績についての報告はまだない。第46回日本人工関節学会(2月26~27日,会長=関西労災病院副院長/整形外科部長・大園健二氏)で,高用量AAPと非ステロイド性消炎鎮痛薬(NSAIDs)の鎮痛効果に有意差は認められず,重篤な副作用の発現がなかったと大阪医療センター整形外科の岩本圭史氏が報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

年末年始の予定は決まった?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  TKA術後鎮痛,高AAPはNSAIDsと同等