メニューを開く 検索を開く ログイン

非バラ科で要注意,果物・野菜アレルギー

 2016年03月17日 11:35
プッシュ通知を受取る

 野菜・果物アレルギーは近年,患者数が増加しており,重篤化することもまれではないが,治療法は確立されていない。札幌徳洲会病院小児科・アレルギー科の続木康伸氏は,同アレルギーの臨床的特徴を検討し,「果物・野菜アレルギー診療では,食物をバラ科・非バラ科に分けて考えることが有用である」と第16回食物アレルギー研究会(2月14日,会長=あいち小児保健医療総合センター副センター長・伊藤浩明氏)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  非バラ科で要注意,果物・野菜アレルギー