メニューを開く 検索を開く ログイン

HPVワクチン後症状の厚労省研究成果が発表

池田氏,牛田氏がHPVワクチン後症状について発表

 2016年03月17日 13:30
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像

 3月16日,厚生労働省が「ヒトパピローマウイルス感染症の予防接種後に生じた症状に関する厚生労働科学研究事業成果発表会」を開催した。HPVワクチン接種後の症状に関する研究班の代表を務める信州大学脳神経内科,リウマチ・膠原病内科教授の池田修一氏,愛知医科大学学際的痛みセンター教授の牛田享宏氏が研究の動向を発表した(関連記事)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  HPVワクチン後症状の厚労省研究成果が発表