メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  2016年 »  学会レポート »  ノロチャートで全職員参加の早期対策

ノロチャートで全職員参加の早期対策

アウトブレイクの教訓を生かす京大病院

 2016年03月18日 07:00
プッシュ通知を受取る

 感染力が強力なノロウイルスは,時にアウトブレイクを引き起こす。医療施設もその例外ではない。2011年に米疾病対策センター(CDC)から「医療現場におけるノロウイルス胃腸炎のアウトブレイク予防と制御のガイドライン」(CDCガイドライン,関連リンク参照)が発表されたが,日本ではどのような対策が立てられているのだろうか。第31回日本環境感染学会総会・学術集会(2月19〜20日,会長=京都大学大学院臨床病態検査学教授・一山智氏)において,京都大学病院感染制御部/ICT講師の長尾美紀氏は,CDCガイドラインのポイントを説明するとともに,集団感染の発生経験から構築したノロウイルス感染対策法を紹介した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報

ワンクリックアンケート

WHOが「ゲーム依存」をICD-11で採用の見通し。先生のゲーム依存度は?

ホーム »  ニュース »  2016年 »  学会レポート »  ノロチャートで全職員参加の早期対策

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P02500463 有効期限:2月末まで