メニューを開く 検索を開く ログイン

ノロチャートで全職員参加の早期対策

アウトブレイクの教訓を生かす京大病院

 2016年03月18日 07:00
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 感染力が強力なノロウイルスは,時にアウトブレイクを引き起こす。医療施設もその例外ではない。2011年に米疾病対策センター(CDC)から「医療現場におけるノロウイルス胃腸炎のアウトブレイク予防と制御のガイドライン」(CDCガイドライン,関連リンク参照)が発表されたが,日本ではどのような対策が立てられているのだろうか。第31回日本環境感染学会総会・学術集会(2月19〜20日,会長=京都大学大学院臨床病態検査学教授・一山智氏)において,京都大学病院感染制御部/ICT講師の長尾美紀氏は,CDCガイドラインのポイントを説明するとともに,集団感染の発生経験から構築したノロウイルス感染対策法を紹介した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

コロナ感染者が最多更新中の東京都、緊急事態宣言すべき?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  ノロチャートで全職員参加の早期対策

error in template: found but mtif was expected