メニューを開く 検索を開く ログイン

肝疾患患者の3人中1人に全身の痒み

「体がだるい」「手足がつる」に並ぶ3大症状に

 2016年03月19日 07:00
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 肝臓は障害が起こっても症状が現れにくいとされ,「沈黙の臓器」と呼ばれている。しかし,実際には肝炎や肝硬変,肝がんといった肝疾患にはさまざまな症状を伴う。そのうち,意外に多いのが全身の皮膚の痒みだ。肝疾患の中でも患者数が最も多いC型肝炎ウイルス(HCV)を原因とした肝疾患では,「体がだるい」「手足がつる」に次いで「体が痒い」ことを自覚症状として挙げる患者が多く,これらが3大症状となっているという。3月15日に東京都で開かれたプレスセミナー(主催=大日本住友製薬)では,虎の門病院(東京都)肝臓センター分院長の熊田博光氏と東都医療大学ヒューマンケア学部教授の鈴木剛氏が「知られていない肝臓病の痒み」をテーマに講演。肝疾患患者の実に3人に1人が痒みに苦しんでいる実態を紹介し,その対策を示した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  肝疾患患者の3人中1人に全身の痒み