メニューを開く 検索を開く ログイン

開業医でも可能,食物経口負荷試験

アレルゲンの少ない加工品で実施

 2016年03月22日 15:45
プッシュ通知を受取る

 近年,食物アレルギーの関心の高まりとともに食物経口負荷試験(以下,負荷試験)の必要性が高まっている一方,現在の専門施設を中心とした体制では患者のニーズに対応し切れていない。こうした現状に対し,すこやかアレルギークリニック(新潟県上越市)院長の田中泰樹氏は「クッキーなどアレルゲンの少ない加工品による負荷試験は,開業医でも十分実施できる」と第16回食物アレルギー研究会(2月14日,会長=あいち小児保健医療総合センター副センター長・伊藤浩明氏)で述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  開業医でも可能,食物経口負荷試験