メニューを開く 検索を開く ログイン

パテンシーカプセルの有害事象,回避可能な例も

使用実態調査J-POP研究

 2016年03月22日 15:00
プッシュ通知を受取る

 小腸カプセル内視鏡(CE)検査の前に,消化管の開通性を評価するパテンシーカプセル(PC)。その使用実態調査J-POP研究の一次調査結果がGI Week(2月26~28日)の中で行われた第9回日本カプセル内視鏡学会学術集会(2月27~28日,会長=獨協医科大学医療情報センター長/教授・中村哲也氏)で発表された(関連記事1関連記事2)。東京女子医科大学消化器内科の大森鉄平氏らは,そのうち有害事象(AE)に関する結果について報告。AEは2.37%で発生したが,PCの適正使用によりその多くは回避できるAEであることを示した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

米大統領選、どっちが勝つ?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  パテンシーカプセルの有害事象,回避可能な例も

error in template: found but mtif was expected