メニューを開く 検索 ログイン

アレルギー性食物早期摂取の効果は?

米国アレルギー・喘息・免疫学会年次集会(AAAAI)で報告された2件の試験

2016年03月23日 07:10

1名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 (c)Thinkstock/Getty Images

 アレルギー性食物を生後1年未満の乳児に早期摂取させることによる一次予防効果を検討した2件の試験結果が,N Engl J Med(2016年3月4日オンライン版)と米国アレルギー・喘息・免疫学会年次集会(AAAAI,3月4~7日,ロサンゼルス)で同時発表された。1件目の試験では,早期のピーナツ摂取により1年間のピーナツ禁止後の再摂取時にも予防効果が維持されたが,母乳哺育の乳児に6種の食物を早期から与えた2件目の試験では,intention-to-treat(ITT)解析で群間差は認められなかった。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  アレルギー性食物早期摂取の効果は?

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD500479 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外