メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  健康・公衆衛生 »  家族性高コレステロール血症,従来の2倍

家族性高コレステロール血症,従来の2倍

米国の最新調査から250人に1人と判明

 2016年03月23日 07:05
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 (c)Thinkstock/Getty Images

 遺伝性の脂質異常症である家族性高コレステロール血症(FH)の有病率は,これまで500人に1人と推定されていたが,米・Harvard Medical SchoolおよびBoston Children's HospitalのSarah D. de Ferranti氏らは,米国成人における正確な推算値を得るために米国民保健栄養調査(NHANES)のデータを解析。その結果,FHの有病率は250人に1人と,従来の推定の2倍に上ることが明らかとなった。また,有病率に男女差はないが,人種差や肥満か否かによる差が認められた。詳細はCirculation(2016; 133: 1067-1072)に掲載された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

湿布薬や花粉症薬の保険外しを検討

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  健康・公衆衛生 »  家族性高コレステロール血症,従来の2倍

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P08500480 有効期限:8月末まで