メニューを開く 検索 ログイン

ヨガで心房細動患者のQOLが改善

2016年03月23日 07:00

イメージ画像 (c)Thinkstock/Getty Images

 ヨガが発作性心房細動(AF)のQOLを改善させる。スウエーデンSophiahemmet Universityとカロリンスカ研究所のMaria Wahlström氏らが発作性AF患者を対象としたランダム化試験の結果を European Journal of Cardiovascular Nursing2016年3月14日オンライン版)で報告した。発作性AF患者の多くに認められる強いストレスがヨガによって軽減され,QOLが改善,心拍数と血圧が低下するという。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  ヨガで心房細動患者のQOLが改善

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD500499 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外