メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  手指衛生モニタリング手法とデータの活用法

手指衛生モニタリング手法とデータの活用法

第31回日本環境感染学会

 2016年03月23日 10:35
プッシュ通知を受取る

 手指衛生の実施率が上昇すると薬剤耐性菌の検出率が低下することは数多くの観察研究から明らかであり,世界保健機関(WHO)や米疾病対策センター(CDC)は感染予防のための手指衛生を推奨している。これを受け,国内外の医療機関では手指衛生と手を介した感染の可視化,すなわち,手指衛生の実施率と医療関連感染の発生率をそれぞれ数値化して検証することで,感染予防を図る取り組みが実施されている。第31回日本環境感染学会総会・学術集会(2月19〜20日,会長=京都大学大学院臨床病態検査学教授・一山智氏)において,聖路加国際病院(東京都)QIセンター感染管理室マネジャーの坂本史衣氏は,手指衛生モニタリングの具体策と,そこで得られた手指衛生実施率データをどのように活用するかを解説した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

「新御三家」として一世を風靡したスター逝く。西城秀樹の代表曲といえば?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  手指衛生モニタリング手法とデータの活用法

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P05500511 有効期限:5月末まで