メニューを開く 検索 ログイン

難病の多発性嚢胞腎,新薬登場で新ステージへ

希少・難治性疾患-5

2016年03月24日 07:15

堀江氏 嚢胞の数や大きさが加齢とともに増し,腎機能が進行性に低下する常染色体優性多発性嚢胞腎(ADPKD)は,昨年(2015年)1月から国の難病に指定された。中年期まで無症状で推移するケースも多いが,70歳代までに半数は末期腎不全を呈し,腎代替療法が必要となる。これまで対症療法しか手だてがなかったが,新しい治療薬バソプレシンV2受容体拮抗薬トルバプタンが登場し,早期診断・治療に広がりが見られている。順天堂大学泌尿器科学教授の堀江重郎氏は「いろいろな受診機会を捉え,ADPKD患者に治療機会を提供することが重要」と話している。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

冬山登山で遭難。どう思う?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  難病の多発性嚢胞腎,新薬登場で新ステージへ

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで