メニューを開く 検索を開く ログイン

難治性の多剤耐性結核への対策をどうするか

 2016年03月24日 07:20
プッシュ通知を受取る

吉山氏 3月24日は世界保健機構(WHO)が定めた世界結核デー。わが国の結核罹患率は,生活環境の改善や医療技術の進歩により減少傾向にあったが,結核菌に対する抵抗力を持たない若年層や結核を再発する高齢者を中心に増加傾向にある。そうした中,標準的な治療に用いられる抗結核薬イソニアジド(INH)とリファンピシン(RFP)の両方に耐性を持ち,難治性の多剤耐性結核(MDR-TB)への対策も重要である。結核予防会複十字病院(東京都)診療主幹の吉山崇氏にMDR-TBの現状と対策について聞いた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

大阪府の吉村知事、三度目の緊急事態宣言を要請へ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  難治性の多剤耐性結核への対策をどうするか