メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  難治性の多剤耐性結核への対策をどうするか

難治性の多剤耐性結核への対策をどうするか

 2016年03月24日 07:20

吉山氏 3月24日は世界保健機構(WHO)が定めた世界結核デー。わが国の結核罹患率は,生活環境の改善や医療技術の進歩により減少傾向にあったが,結核菌に対する抵抗力を持たない若年層や結核を再発する高齢者を中心に増加傾向にある。そうした中,標準的な治療に用いられる抗結核薬イソニアジド(INH)とリファンピシン(RFP)の両方に耐性を持ち,難治性の多剤耐性結核(MDR-TB)への対策も重要である。結核予防会複十字病院(東京都)診療主幹の吉山崇氏にMDR-TBの現状と対策について聞いた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  難治性の多剤耐性結核への対策をどうするか

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10503034 有効期限:10月末まで