メニューを開く 検索 ログイン

C型肝炎はパーキンソン病発症の危険因子?

2016年03月25日 07:00

イメージ画像 (c)Thinkstock/Getty Images

 C型肝炎ウイルス(HCV)感染がパーキンソン病(PD)の発症と関係する可能性があることを示す研究結果が,台湾のグループによりNeurology2016; 86: 840-846)に発表された。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

ワンクリックアンケート

コロナワクチン、12歳未満も接種へ

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  C型肝炎はパーキンソン病発症の危険因子?

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで