メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  SBP140mmHg未満の糖尿病への降圧治療は「害」

SBP140mmHg未満の糖尿病への降圧治療は「害」

 2016年03月25日 07:05
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 (c)Thinkstock/Getty Images

 収縮期血圧(SBP)140mmHg未満の糖尿病患者に対する降圧薬治療は心血管死のリスクを高めると,スウェーデンのグループがBMJ2016; 352: i717)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ふるさと納税しましたか?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  SBP140mmHg未満の糖尿病への降圧治療は「害」

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12503037 有効期限:12月末まで