メニューを開く 検索 ログイン

震災いまだ終わらず! 長期にわたり心不全が増加

第80回日本循環器学会学術集会

2016年03月25日 10:40

中村氏 これまでに,地震などの自然災害発生時には種々の心血管イベントが増加することが報告されているが,地震の直接被害以上に津波による被害が大きかった東日本大震災については,震災後に見られた循環器疾患に関する長期の悉皆性が高い研究調査はほとんどない。岩手医科大学心血管・腎・内分泌内科分野教授の中村元行氏は,岩手県において4年間にわたり調査した結果,うっ血性心不全の発症率が,震災後4年を経た時点でも,震災前より高い水準を維持していることを第80回日本循環器学会学術集会(3月18〜20日;会長=東北大学循環器内科学教授・下川宏明氏)で報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  震災いまだ終わらず! 長期にわたり心不全が増加

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD503049 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外