メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  2016年 »  基礎医学 »  福山型筋ジスは核酸医薬で治療可能

福山型筋ジスは核酸医薬で治療可能

希少・難治性疾患-6

 2016年03月26日 07:00
プッシュ通知を受取る

 筋ジストロフィーの中でも福山型筋ジストロフィー(FCMD)は10歳代で死亡に至る例が多い予後不良の遺伝性疾患である。最近,FCMDに関わる遺伝子異常とそれに伴う発症メカニズムが明らかにされた。さらに,核酸医薬の開発が進められている。発症メカニズムの解明と治療薬開発に携わった神戸大学大学院小児科の池田真理子氏に聞いた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報

ワンクリックアンケート

WHOが「ゲーム依存」をICD-11で採用の見通し。先生のゲーム依存度は?

ホーム »  ニュース »  2016年 »  基礎医学 »  福山型筋ジスは核酸医薬で治療可能

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P02503050 有効期限:2月末まで