メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?

新規登録(無料)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2016年 »  学会レポート »  浸透しつつある「診断時からの緩和ケア」

浸透しつつある「診断時からの緩和ケア」

医療従事者向けセミナーから

 2016年03月28日 07:00
プッシュ通知を受取る

イメージ画像

 診断時から始める緩和ケアが臨床に浸透しつつある。「緩和ケア」というとターミナルケアのイメージが強くネガティブな側面が強調されることも多かったが,2012年に閣議決定された「第2期がん対策推進基本計画」で「がんと診断された時からの緩和ケア」との文言が盛り込まれ,体制整備が進められてきたからだ。しかし,医師に対する患者の遠慮や医師・病院管理者の誤解などから正しく理解されていない面も多い。3月5日に東京で開かれた「徹底討論! 『診断時からの緩和ケア』これからどうする」(主催=日本緩和医療学会,座長=京都府立医科大学疼痛・緩和医療学講座教授・細川豊史氏,市立札幌病院精神医療センター副医長・上村恵一氏)での討論からトピックスを紹介する。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

制服(白衣、オペ着など)にこだわりはありますか?

ホーム »  ニュース »  2016年 »  学会レポート »  浸透しつつある「診断時からの緩和ケア」

MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12503056 有効期限:12月末まで