メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  医療制度 »  外保連の新要望採用,「前回やや上回る」25.2%

外保連の新要望採用,「前回やや上回る」25.2%

手術では約300項目で最大約30%の引き上げ

 2016年03月28日 07:15
プッシュ通知を受取る

イメージ画像

 外科系学会社会保険委員会連合(外保連)は,外科系診療の適正な診療報酬について手術,処置,生体検査,麻酔の全術式のコストと技術料に関するデータをまとめ,総費用を「外保連試案」で診療報酬額として発表している。同試案は診療報酬改定における手術料改定の根拠として行政や中央社会保険医療協議会で活用されている。3月22日に東京で開かれた第10回記者懇談会(外保連主催)で,外保連会長の岩中督氏(埼玉県立小児医療センター病院長)は,「同試案により,平成28年度診療報酬改定において診療報酬点数と実態の乖離が大きい術式でプラス評価された」と報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

今春導入された「妊婦加算」。背景に妊婦の診療を避けたがる医師心理?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  医療制度 »  外保連の新要望採用,「前回やや上回る」25.2%

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P09503059 有効期限:9月末まで