メニューを開く 検索を開く ログイン

ワクチン後アナフィラキシー反応100万回で1件強

 2016年03月29日 07:00
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 (c)Thinkstock/Getty Images

 ワクチン接種後のアナフィラキシー反応の発生率は100万回の接種で1.31件であるとのデータが,米・Centers for Disease Control and PreventionのグループによりJ Allergy Clin Immunolの(2016; 137: 868-878)に発表された。

年齢差ないが,女性で多い傾向

 同グループは,Vaccine Safety Datalinkのデータを用いて2009〜11年のワクチン接種記録がある小児と成人の全例を特定。診断と処置コードおよび医療記録により,アナフィラキシー反応を起こした症例を明らかにした。

 その結果,2,517万3,965回の接種でワクチンによるアナフィラキシー反応であることが確認された症例は33例で,発生率は接種100万回当たり1.31件であることが明らかになった。発生率に年齢による有意差はなく,有意ではないが女性に多い傾向が見られた。

 3価および1価不活化インフルエンザワクチンによるアナフィラキシー反応発生率は接種100万回当たりそれぞれ1.35件,1.83件であった。

(編集部)

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

米大統領選、どっちが勝つ?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  薬剤情報 »  ワクチン後アナフィラキシー反応100万回で1件強

error in template: found but mtif was expected