メニューを開く 検索を開く ログイン

ALSに既存薬が効く可能性―iPS細胞研究

第15回日本再生医療学会で慶大・岡野氏

 2016年03月29日 14:00
プッシュ通知を受取る

 筋萎縮性側索硬化症(ALS)は運動ニューロンの変性により,四肢の筋力低下,筋萎縮と痙直を来す神経変性疾患で,有効な治療法の開発が待望されている。慶應義塾大学生理学教室教授の岡野栄之氏らは,人工多能性幹(iPS)細胞を用いた創薬研究において,家族性ALS の発症に神経突起長の短縮が関わることから,有効な既存薬を検討するためドラッグリポジショニングのスクリーニングを実施したところ,9種まで絞り込むことができたと,第15回日本再生医療学会総会(3月17~19日,会長=大阪大学大学院眼科学教授・西田幸二氏)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  ALSに既存薬が効く可能性―iPS細胞研究