メニューを開く 検索

アスピリン小腸粘膜傷害にヨーグルトが有用

2016年03月30日 07:15

3名の医師が参考になったと回答 

 近年,社会の高齢化に伴う脳血管障害や心疾患の増加により,それらの予防に有効な低用量アスピリン(LDA)の処方量も年々増加している。こうした中,アスピリン起因性消化管粘膜傷害の発生が問題となっており,その対策の必要性が指摘されている。東海大学消化器内科准教授の鈴木孝良氏は,同傷害の改善にプロバイオティクスが有用であると第12回日本消化管学会総会学術集会(2月26〜27日,会長=獨協医科大学病院病院長/消化器内科主任教授・平石秀幸氏)で報告した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

患者に向かって糖尿病を「とうにょう」と呼ぶことは問題か?

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  アスピリン小腸粘膜傷害にヨーグルトが有用