メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2016年 »  学会レポート »  震災後の心不全患者の特徴は?

震災後の心不全患者の特徴は?

第80回日本循環器学会学術集会

 2016年03月30日 07:00
プッシュ通知を受取る

義久氏 東日本大震災後の心不全患者にはどのような特徴が見られたのだろうか。福島県立医科大学心臓病先進治療学講座特任教授の義久精臣氏は,津波や福島第一原発の事故による被害が大きかった福島県における非代償性心不全患者が高齢や血圧高値などの特徴を有していたことを第80回日本循環器学会学術集会(3月18〜20日,会長=東北大学循環器内科学教授・下川宏明氏)で報告。これらの患者では,来院までの日数や感染症罹患の増加,薬剤中断により心不全の増悪を来した可能性を指摘した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

医師が時間外労働、年2100時間超。先生は?

ホーム »  ニュース »  2016年 »  学会レポート »  震災後の心不全患者の特徴は?

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P11503076 有効期限:11月末まで