メニューを開く 検索 ログイン

心原性ショックの30日死亡率は34%

日本循環器学会(JCS)-Shock レジストリー

2016年04月04日 07:05

1名の医師が参考になったと回答 

 心原性ショックは致死的疾患だが,心原性ショックを呈した患者の基礎疾患や臨床背景,治療と予後については詳細が明らかになっていない。心原性ショックの現況と転帰について検討された多施設共同研究JCS-Shock レジストリーの結果が第80回日本循環器学会学術集会(3月18~20日,会長=東北大学大学院循環器内科学教授・下川宏明氏)で報告され,九州病院循環器科診療部長の毛利正博氏が,心原性ショックの原疾患は急性冠症候群(ACS)が半数を占めていることをわが国で初めて明らかにした。研究結果の詳細はCirculation Journal (2016; 80: 852-859)に掲載された。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  心原性ショックの30日死亡率は34%

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD503120 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外