メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  健康・公衆衛生 »  離婚で脳卒中リスクが1.26倍に

離婚で脳卒中リスクが1.26倍に

 2016年04月04日 07:00
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 (c)Thinkstock/Getty Images

 離婚により脳卒中の発症リスクが1.26倍増加することが,国立がん研究センターによる多目的コホート研究(JPHC)で分かった。特に脳出血との間で強い関係が見られ,男性で1.48倍,女性で1.35倍の脳出血リスクが増加するという。離婚が健康に及ぼす影響については,循環器疾患の発症リスクが高まることなどがこれまでに報告されていたが,婚姻状況と脳卒中との関係は明らかになっていなかった。同センター社会と健康研究センターセンター長の津金昌一郎氏らがStroke2016; 47: 991-998)に報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

PickUpコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

11月14日は「世界糖尿病デー」。自身の診療領域の疾患啓発デーに対する認知度

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  健康・公衆衛生 »  離婚で脳卒中リスクが1.26倍に

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P11503149 有効期限:11月末まで