メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  着用型自動除細動器の使用でAHAが初の声明

着用型自動除細動器の使用でAHAが初の声明

 2016年04月05日 07:05

イメージ画像 (c)Thinkstock/Getty Images

 心臓突然死リスクの高い不整脈患者は,植え込み型除細動器(ICD)が適応となるが,ICDの代替として着用型自動除細動器(WCD)もあり,2002年に米食品医薬品局(FDA)が認可して以降,使用が増えている。しかし,その使用に最も適した患者を見極める臨床試験の結果はまだ少なく,不適切な使用が懸念される。こうした状況に鑑み,米国心臓協会(AHA)は,現時点で得られているエビデンスを基にWCDに関する初の声明を発表した。声明の全文は,Circulation2016年3月28日オンライン版)に掲載された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  着用型自動除細動器の使用でAHAが初の声明

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10503086 有効期限:10月末まで