メニューを開く 検索を開く ログイン

【重要なお知らせ】メンテナンス完了に伴い、セキュリティ向上のため、会員の皆さまには再度ログインをお願いしております。パスワード再発行はこちら

着用型自動除細動器の使用でAHAが初の声明

 2016年04月05日 07:05
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 (c)Thinkstock/Getty Images

 心臓突然死リスクの高い不整脈患者は,植え込み型除細動器(ICD)が適応となるが,ICDの代替として着用型自動除細動器(WCD)もあり,2002年に米食品医薬品局(FDA)が認可して以降,使用が増えている。しかし,その使用に最も適した患者を見極める臨床試験の結果はまだ少なく,不適切な使用が懸念される。こうした状況に鑑み,米国心臓協会(AHA)は,現時点で得られているエビデンスを基にWCDに関する初の声明を発表した。声明の全文は,Circulation2016年3月28日オンライン版)に掲載された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

年末年始の予定は決まった?

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  着用型自動除細動器の使用でAHAが初の声明