メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  薬剤情報 »  経口抗凝固薬,高リスクAFの半数で処方なし

経口抗凝固薬,高リスクAFの半数で処方なし

 2016年04月05日 07:10
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 (c)Thinkstock/Getty Images

 米・University of California, San DiegoのJonathan C. Hsu氏らは,米国での実臨床における心房細動(AF)患者の脳卒中リスクスコアと経口抗凝固薬(OAC)処方の関連について,外来AF患者約43万例の登録データを基に検討。その結果,リスクスコアの上昇はOAC処方の増加と関連していたが,スコア上昇に伴うOAC処方率の上昇は途中で頭打ちとなり,高リスク患者でOACを処方されているのは半数未満であることが明らかとなった。詳細はJAMA Cardiol2016年3月16日オンライン版)に掲載された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

どんな昼休みを過ごしていますか

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  薬剤情報 »  経口抗凝固薬,高リスクAFの半数で処方なし

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P06503128 有効期限:6月末まで