メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  震災PTSDが慢性心不全の予後に悪影響

震災PTSDが慢性心不全の予後に悪影響

第80回日本循環器学会学術集会

 2016年04月06日 07:00
プッシュ通知を受取る

青木氏 東日本大震災とその後の心血管イベントの関連については,徐々に明らかとなってきており,新たな知見が得られている。東北大学大学院循環器内科学助教の青木竜男氏は,第80回日本循環器学会学術集会のプレナリーセッション3「東日本大震災復興5周年-我々は何を学び,今後,何をなすべきか?-」で,慢性心不全患者の震災後の予後について報告した。その中で,震災により心不全患者に心的外傷後ストレス傷害(PTSD)が高頻度に認められ,そのことが心血管イベントの増加と関連していることを報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

東京五輪のマラソンを札幌開催へ

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  震災PTSDが慢性心不全の予後に悪影響

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P10503161 有効期限:10月末まで