メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  ガイドライン・診断基準 »  DES後の抗血小板薬2剤療法,6カ月に短縮

DES後の抗血小板薬2剤療法,6カ月に短縮

ACC/AHAが最新ガイドラインを発表

 2016年04月06日 07:05
プッシュ通知を受取る

 米国心臓病学会(ACC)と米国心臓協会(AHA)は,冠動脈疾患患者の抗血小板薬2剤併用療法(DAPT)に関する最新のガイドラインを発表した(Circulation 2016年3月29日オンライン版)。特にDAPTの期間にフォーカスした改訂であり,長らく議論が続いていた薬剤溶出ステント(DES)留置後のDAPT期間として,慢性虚血性心疾患患者では従来より短い6カ月を推奨。一方,急性冠症候群患者ではこれまで通り12カ月とした。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

カジノは日本を元気にする?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  ガイドライン・診断基準 »  DES後の抗血小板薬2剤療法,6カ月に短縮

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P07503163 有効期限:7月末まで