メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  5年のスタチン投与で長期間のレガシー効果

5年のスタチン投与で長期間のレガシー効果

 2016年04月07日 07:15
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 写真はイメージです。 (c)Thinkstock/Getty Images

 スタチン療法にはレガシー(遺産)効果があり長期にわたる生存率改善と心血管イベントの減少をもたらすと,英国のグループがCirculation2016; 133: 1073-1080)に発表した。

全死亡,累積入院率が有意に低下

 同グループは,LDLコレステロール高値の45〜64歳の男性6,595例をプラバスタチン群とプラセボ群にランダムに割り付け,平均4.9年間投与したWest of Scotland Coronary Prevention Studyの20年後までの延長追跡結果を解析した。

 その結果,プラバスタチン群はプラセボ群と比べ全死亡率が有意に低く(ハザード比0.87,P=0.0007),これは主に心血管疾患による死亡の減少に起因していた(同0.79,P=0.0004)。

 また,プラバスタチン群は累積入院率が低く,減少率は全ての冠動脈イベントが18%(P=0.002),心筋梗塞が24%(P=0.01),心不全が35%(P=0.002)であった。

(編集部)

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

東京五輪のマラソンを札幌開催へ

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  5年のスタチン投与で長期間のレガシー効果

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P10503174 有効期限:10月末まで