メニューを開く 検索を開く ログイン

パートナー死後1年は心房細動リスクが上昇

 2016年04月09日 07:00
プッシュ通知を受取る

 パートナーと死別した人では,その後1年間の心房細動(AF)発症リスクが高くなることが,デンマーク・Aarhus UniversityのSimon Graff氏らによって報告された(Open Heart 2016; 3: e000367)。パートナーが健康で,死が予想外である場合はよりリスクが高まったという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  健康・公衆衛生 »  パートナー死後1年は心房細動リスクが上昇