メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2016年 »  学会レポート »  高齢者胃がん手術のリスク評価に有用なのは?

高齢者胃がん手術のリスク評価に有用なのは?

E-PASSが術後合併症の予測指標に

 2016年04月12日 16:15

 高齢胃がん患者の診療機会が増加している。高齢者は高血圧,糖尿病,虚血性心疾患,呼吸器合併症などのさまざまな術前併存症を有していることが多い。近年は周術期管理の進歩により胃がん手術の安全性は向上しているが,高齢者では特に手術リスクを術前に評価することが重要である。熊本大学大学院生命科学研究部消化器外科学の馬場祥史氏は,第88回日本胃癌学会総会(3月17〜19日,会長=がん研究会有明病院消化器センター長・佐野武氏)のパネルディスカッション「高齢者胃癌の治療戦略」で「高齢者胃がん手術のリスク評価にはE-PASSが有効だ」と述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  ニュース »  2016年 »  学会レポート »  高齢者胃がん手術のリスク評価に有用なのは?

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10503229 有効期限:10月末まで