メニューを開く 検索を開く ログイン

iPS細胞発表から10年,山中氏のメッセージ

第15回日本再生医療学会

 2016年04月13日 07:05
プッシュ通知を受取る

イメージ画像

 人工多能性幹(iPS)細胞が誕生し,京都大学iPS細胞研究所所長の山中伸弥氏が発表報告して10年。第15回日本再生医療学会総会〔3月17~19日,会長=大阪大学大学院脳神経感覚器外科学(眼科学)主任教授・西田幸二氏〕では,「iPS細胞発表10周年特別企画シンポジウム:再生医療・生命科学研究の未来」が持たれた。同シンポジウムの企画にアドバイザーとして関わった山中氏は,ビデオメッセージで企画に込められた思いを概説した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  基礎医学 »  iPS細胞発表から10年,山中氏のメッセージ