メニューを開く 検索を開く ログイン

難治性RAに経口JAK 1/2阻害薬が有効

第Ⅲ相試験で明らかに

 2016年04月14日 07:10
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 (c)Thinkstock/Getty Images

 米・Stanford UniversityのMark C. Genovese氏らは,生物学的製剤を含む既存治療で十分な効果が得られないか許容し難い副作用が発現する難治性関節リウマチ(RA)患者を対象に,経口ヤヌスキナーゼ(JAK)1/2阻害薬baricitinibをプラセボ対照で投与する第Ⅲ相試験を実施した結果,baricitinib群ではプラセボ群と比べ12週時点の有意な症状軽減と日常生活機能の改善が得られたとN Engl J Med2016; 374: 1243-1252)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

米大統領選、どっちが勝つ?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  難治性RAに経口JAK 1/2阻害薬が有効

error in template: found but mtif was expected