メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  足首以下の血管内治療で創傷治癒率が向上

足首以下の血管内治療で創傷治癒率が向上

 2016年04月14日 07:05
プッシュ通知を受取る

 重症下肢虚血患者では通常の血管内治療により救肢できても創傷治癒に至らないケースが少なからずある。そうした重症下肢虚血に対して足首以下まで血管内治療を行うことにより創傷治癒率が向上したとの多施設共同研究結果を,宮崎市郡医師会病院心臓病センター循環器内科の仲間達也氏が第80回日本循環器学会学術集会(3月18〜20日,会長=東北大学大学院循環器内科学教授・下川宏明氏)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「即位の礼」恩赦が約55万人。先生はどう思う?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  足首以下の血管内治療で創傷治癒率が向上

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P10503237 有効期限:10月末まで