メニューを開く 検索 ログイン

オランザピンで脂質異常症リスクが3倍に

2016年04月15日 20:10

 非定型抗精神病薬(AAP)の副作用の1つである脂質異常症の発生リスクがオランザピン使用により非使用時と比べ約3倍上昇する。医薬品医療機器総合機構(PMDA)が日本で製造販売承認が取得されたAAPを対象に行った薬剤疫学調査の結果,明らかになったことを報告した。オランザピン使用時は,特に脂質異常症リスクに注意する必要があるとしている。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  薬剤情報 »  オランザピンで脂質異常症リスクが3倍に

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD503272 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外