メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  2016年 »  薬剤情報 »  オランザピンで脂質異常症リスクが3倍に

オランザピンで脂質異常症リスクが3倍に

 2016年04月15日 20:10
プッシュ通知を受取る

 非定型抗精神病薬(AAP)の副作用の1つである脂質異常症の発生リスクがオランザピン使用により非使用時と比べ約3倍上昇する。医薬品医療機器総合機構(PMDA)が日本で製造販売承認が取得されたAAPを対象に行った薬剤疫学調査の結果,明らかになったことを報告した。オランザピン使用時は,特に脂質異常症リスクに注意する必要があるとしている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報

ワンクリックアンケート

WHOが「ゲーム依存」をICD-11で採用の見通し。先生のゲーム依存度は?

ホーム »  ニュース »  2016年 »  薬剤情報 »  オランザピンで脂質異常症リスクが3倍に

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P02503272 有効期限:2月末まで