メニューを開く 検索を開く ログイン

オランザピンで脂質異常症リスクが3倍に

 2016年04月15日 20:10
プッシュ通知を受取る

 非定型抗精神病薬(AAP)の副作用の1つである脂質異常症の発生リスクがオランザピン使用により非使用時と比べ約3倍上昇する。医薬品医療機器総合機構(PMDA)が日本で製造販売承認が取得されたAAPを対象に行った薬剤疫学調査の結果,明らかになったことを報告した。オランザピン使用時は,特に脂質異常症リスクに注意する必要があるとしている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  薬剤情報 »  オランザピンで脂質異常症リスクが3倍に

error in template: found but mtif was expected