メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  薬剤情報 »  オランザピンで脂質異常症リスクが3倍に

オランザピンで脂質異常症リスクが3倍に

2016年04月15日 20:10

1名の医師が参考になったと回答 

 非定型抗精神病薬(AAP)の副作用の1つである脂質異常症の発生リスクがオランザピン使用により非使用時と比べ約3倍上昇する。医薬品医療機器総合機構(PMDA)が日本で製造販売承認が取得されたAAPを対象に行った薬剤疫学調査の結果,明らかになったことを報告した。オランザピン使用時は,特に脂質異常症リスクに注意する必要があるとしている。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

長距離の飛行機での飲酒は危険。国際線でお酒を飲みますか?

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  薬剤情報 »  オランザピンで脂質異常症リスクが3倍に