メニューを開く 検索を開く ログイン

被災地へのメッセージ,てんかん学会

痙攣や発作に慌てないで

 2016年04月18日 15:05
プッシュ通知を受取る

熊本地震関連レポート

 2016年熊本地震の被災地に向けて,日本てんかん学会(理事長:東京女子医科大学大学院小児科学分野主任教授・大澤真木子氏)から,発災後にてんかん発作が生じることはあるが,慌てずに基本的な安全確保で十分であることや,24時間体制のホットラインがあることなど,メッセージが寄せられた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  被災地へのメッセージ,てんかん学会